不食料理の基本思想

不食料理とは、食べ続けているうちに徐々に少食から不食へと進化するための料理です。
ブレサリアンへシフトするためには自分のための不食料理を自分で開発することが大切です。
人間の魂の本質は陰陽五行論によると木性、火星、土性、金性、水性の5パターンに分類出来ます。ですから自分に合う食材と調理方法を身につける必要があります。


上原が、オーガニックごはん かえもん (http://www.gohankaemon.com/)を開業したのはお母さんと子供のための不食料理がこれからの人類には必要不可欠だと直感したからです。
上原が研究開発している不食料理の特徴を大きく分けると以下のとおり3つあります。

(1)肉・魚・卵・乳製品などの動物性食材を使わない
(2)五葷(ごくん)を使わない
(3)化学合成肥料、農薬を使わずに育てたオーガニック食材または天然の木の実や野草を使用する

とくに(2)の五葷についてはあまり知られていないのですが、実は極めて重要なポイントです。
五葷とは主にネギ科ネギ属の植物であるニラ、ニンニク、ラッキョウ、あさつき、ネギ等のことです。

下記のWebサイトによると
http://marche.veggy.jp/site/tokushu/6.html
『ニラ、にんにく、ねぎ等の五葷は精神や心、感情とつながりがあります。 
古来から中国に伝わる自然哲学に、私たちが生きているこの地球上に存在する万物は、
金、木、水、火、土の五つの要素でできているという
「五行」の考え方があります。
人の体では五つの臓器(五臓)が五行に対応しています。
本来五臓は互いに生かしあい(相生)、調和していますが、その一部が崩れたり気が乱れたりすると、互いに傷つけあう関係(相剋)となります。
五行に対応する五つの野菜を五葷といい、これらの野菜は臭いや成分がきつく、陰性の気が強いのが特徴で、五臓に負担をかけてしまうだけでなく、精神にも影響があります。

<五葷と五行の関係>
○にら ~ 肝臓 ~ 仁 ~ 木
   にらが多いと・・落ち着きがなくなり、肝臓を傷めます。

○にんにく ~ 心臓 ~ 礼 ~ 火
   にんにくが多いと・・気ままになりやすく、心臓を傷めます。

○らっきょう ~ 脾臓 ~ 信 ~ 土
   らっきょうが多いと・・慾が強くなり、脾臓を傷めます。

○あさつき ~ 肺臓 ~ 義 ~ 金
   あさつきが多いと・・怒りっぽくなり、肺臓を傷めます。

○ねぎ    ~ 腎臓 ~ 智 ~ 水 
   ねぎが多いと・・落ち込みやすくなり、腎臓を傷めます。

五行で大切なのは「五徳」という、
人が生まれながらにして持つ<人義礼智信>という徳質にあります。
実は五葷は五徳の発揚をさまたげてしまい、
気と心を不安定にしてストレスを与えます。
「病は気から」との言葉通り、それが病にもつながってしまうのです。
ねぎやにんにくなどは体を元気にし精力をつけると言われますが、
これは興奮剤のような成分が神経や脳を刺激し高揚させるためで、
平穏な心を保つことによって得られる根源的な活力や元気とは異なります。

古くから中国やインドを中心とした多くの賢者は、
人間本来の健やかさを保つために、
生類(動物類、鳥、魚、虫などの生き物)や五葷、酒類を口にしませんでした。
菜食のルーツとなったこの菜食が「オリエンタルベジタリアン」です。

精進料理は本来、お坊さんがお寺で食べる特別な食事ではなく、
世界の人々の基本的な日常食です。
なぜなら、健康な心と身体で人間として充実して生きたいという願いは、
人類共通の普遍的な願いだからです。』

(以上*ハーモニーガーデン 大地のたより*より)

ちなみに肉類を食べるときはこれらの強すぎる影響を克(こく)すために五葷が役に立つ訳です。

たとえば、シャリアピンステーキなどのようにタマネギをつかって牛肉を柔らかくした料理は、五葷をつかって肉の性質を克すわけですね。

ですから肉類を使わないベジタリアン料理で、肉の旨味のかわりに出汁などにタマネギをたくさん使っているものは体の中の五行のバランスが崩れてしまいますので、体を痛める事になります。

ベジタリアン度の高いヴィーガンスタイルに一度シフトしてみたものの、挫折して肉を食べるようになってしまう人が多いのはこの五葷を摂りすぎているからなのです。
一説によるとベジタリアンになった人の8割はもとの肉食に戻ってしまうそうです。

このことはほとんど一般には知られていませんが、極めて貴重な情報です。

上原が「これからの飲食業は情報産業であるべき」と常々公言しているゆえんがここにあります。

2015年の春にオープン予定の「オーガニックごはん かえもん」浅草本店では、この不食料理の考え方を根底にすえて、
『肉・魚・卵・乳製品を使わず、たまねぎ・ニンニク等もつかわず、無農薬のお米や野菜をのみを使った』ことを一般の人が知らずに食べても美味しい料理をご提供いたします。

現在営業中の農民カフェ学芸大学店内の「かえもん」はアンテナショップであり実験店舗でもあるのです。
離乳食や子ども向けのオーガニックごはんも開発して提供しています。

ぜひ一度食べにきてみて下さいね。
http://www.gohankaemon.com/

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    岡田恒明 (日曜日, 28 6月 2015 12:53)

    とても気になります。近々に伺います!

  • #2

    郷右近丸彦 (日曜日, 09 8月 2015 15:40)

    五葷についてはじめて知りました。
    びっくりです !! 自分ではそれなりに「食」について学んできたつもりですが、この考え方はまったく知りませんでした。
    もっともっと学ばせていただきたいと思います。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    ありがとうございます。

  • #3

    浅井靖子 (日曜日, 09 8月 2015 17:02)

    4年前から縁あって、長野で自然農しながら農的暮らしをしていますが、過食症になるなど食に対して、自分の欲求が正常なのかわからず、特に今、きちんと食事をつくること、たべることができていません。食にたいしてのスタート地点に立つきっかけづくりになればと思います。

  • #4

    Johnathan Maggio (木曜日, 02 2月 2017 01:04)


    Somebody necessarily lend a hand to make severely posts I might state. That is the very first time I frequented your website page and to this point? I surprised with the analysis you made to create this particular publish incredible. Great activity!

  • #5

    Fallon Alcina (金曜日, 03 2月 2017 00:55)


    What a data of un-ambiguity and preserveness of valuable experience concerning unpredicted emotions.

  • #6

    Angella Provenza (金曜日, 03 2月 2017 18:02)


    Hi! Would you mind if I share your blog with my myspace group? There's a lot of folks that I think would really enjoy your content. Please let me know. Many thanks


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2013 Kazunori Uehara All Rights Reserved.